Bonjour!バタバタママ☆スイスのびのび生活

北米・欧州生活送ったばたばたママが、スイスの町でのんびり生活に

去年はパス、今年こそ

今週のお題「雛祭り」

f:id:batabatamaman:20210227053737j:plainようやく出た!我が家のお雛様

 

ジュネーブのケラー(地下の核シェルター倉庫)に眠る、我が家のお雛様。

昨年は、イースターで盛り上がりすぎて、すっかり忘れ切って、気づいたら3月中旬。つい、出し損ねてしまった。

 

 

今年こそはと、重い腰をあげて地下倉庫のケラーまで、昨夜やっと雛人形を取りに行った。

わが娘は、全く見向きも、手伝いもしないティーン。

自分の雛人形よりも、ソーシャルネットワークで忙しい様子。

 

せっせと、一人で適切な置き場所を探して写真を基に、並べていくこと1時間半。

ようやく終了!

 

と思ったら、右側のライト(通常は乾電池でつく)がちょっと変な変形気味でライトアップしない。船便で海を越えて日本からスイスのジュネーブまで、海外引越の長旅でやられてしまったのだろう。

それでも、無事に人形本体の損傷もなく綺麗な姿で国境を越えてやってきた、この人形達。

はるばるやってきたのだから、ひのめをみることになって良かった。

 

それでも、クリスマスツリー(170cm)よりも飾りつけは楽で、設置もあっという間に終わった。

シンプルな我が家の雛人形は、出すとやっぱりいい感じで、自己満足。

 

★日本では忘れない

日本にいた時は、朝から晩まで多忙なフルタイム勤務で、ひな祭り前の週末を決めて、気合で頑張って出し、しまうのはゆっくりだった。

 

うちの娘には、まあ結婚してもらえたら嬉しいけど、それよりも自分で食べていける(仕事がちゃんとでき、自立できる人)になって欲しいと願う親心。

お嫁に行くいかないは、私の観点からは重要ではなく、人間としての中身のほうが大事なので、雛人形のしまい忘れも、気にしない。

 

★スイスでお披露目

3月3日までの短い期間だから、近所のバービー好きのスイス人の女の子や、お母さんでもよんで、お披露目しよう。

母が送ってくれた雛あられを、出してみんなで食べながら…

束の間だけど、ちょっと日本の春を思い出す。

 

ジュネーブ、今日は16度晴天。

お雛様が映える、暖かいひざしだ。

 

 

 

 

雪の小さな滝:フランスにて

★ある雪の日の滝

f:id:batabatamaman:20210225051103j:plain f:id:batabatamaman:20210225051138j:plain

雪が好きなので、ついきてしまったフランスの田舎町にある滝。

予想通り、静かでとても綺麗だ。

f:id:batabatamaman:20210225051245j:plain

雪解け水で滝の水は溢れんばかりというか、歩道に溢れていた。

f:id:batabatamaman:20210225051456j:plainスノーブーツできたので、防水がしっかりしており通れた。

犬の散歩で、地元の人は普通に通っている。

慣れているのか?スゴイ水だけど、犬もむしろ喜んでいる。

f:id:batabatamaman:20210225051027j:plain f:id:batabatamaman:20210225051332j:plain

こんな雪景色の中、歩き滝を見ると、心が洗われる。

嫌なことなどあった時、水に流すということで、手を洗うと少し心が安らぐ。

やっぱり水には癒し効果がある。

f:id:batabatamaman:20210225051841j:plain f:id:batabatamaman:20210225051946j:plainこんなに湧き出る水

f:id:batabatamaman:20210225051907j:plain静寂の雪の森の側道サイン

「鹿に注意!」

 

 

ゴミを捨て?一袋400円也。

★スイスはリサイクルの意識が高い

f:id:batabatamaman:20210224045947j:plainこれは大手スーパーのレジ横

 

ほとんどのスーパーには、このようなリサイクルコーナーが設けられている。

ジュネーブは、スイスでもまれな、普通ごみが今は有料ではないが、近い将来有料化されると言われる。

 

Zurichにいた時は、ゴミ袋大で約400円かかっていた。

私の住んでいた地域では、地方自治体が発行するゴミ捨てシールを、役所や郵便局で購入して、ゴミ袋に貼らないと回収してもらえず、ゴミが捨てられない。

さらに、分別がルール通りにできていないで、普通ごみで捨てれないものが混入していることが分かると、どこまでも調べ上げてくるので、恐ろしい。

 

何よりもゴミを出さないようにとの意識が高まる。

さらに、リサイクルできるものは、最大限にする。

近所のリサイクルセンターに、週に1回は行ってリサイクルする。

そこでも、管理者のおじさんが目を光らせて、間違っていたり、有料に値するものを持参する場合は、現金で払うという仕組みだ。

 

ジュネーブはそこまでは、厳しくはないが、それでもやはりスイスなのでリサイクルの意識は高い。

私もまず、スイスに引っ越してすぐ、フードウエストケース(食料生ゴミで肥料にリサイクルされる)と、紙・瓶・缶・ペットボトルなど専用ケースをゴミ箱と一緒に購入した。

 

これも、小さな頃からしつけられているヨーロッパ育ちのうちのこどもには当たり前。

なぜなら、リサイクルプロジェクトは2歳の頃から参加して、しっかりリサイクル教育を受けてきているから。

 

それに比べ、適当にゴミの分別もできないまま日本で育ちおじさんになった、そのパパは、何度言ってもリサイクルの分別ができない。

やっぱり小さな頃からの教育は、とても大事だ。

 

日本のこども達も、勉強も大事だけど、リサイクルや地球温暖化のことを考えて、意識が高く育って欲しいと、リサイクルコーナーに乾電池を入れるスイスの5歳児を見て思う。

 

2月に川に飛び込むスイス人

★晴天16度のジュネーブの日曜日

f:id:batabatamaman:20210224042054j:plain f:id:batabatamaman:20210224042123j:plain ポカポカの春

 

みんなつい、川辺に集う晴れた午後。

暖かい春の陽射しを浴びて、日光浴する人々。

お店もレストランも、スーパーも何もやっていない、日曜日のジュネーブ。

そんな日にはのんびり、ひなたぼっこするに限る。

 

泳ぐ男性?!f:id:batabatamaman:20210224042215j:plain f:id:batabatamaman:20210224042352j:plain

 

鳥も集う…と思ってよく見ると、どうやら男の人らしき姿が、水の中から見える。

何と小春日和なので、つい川へ飛び込んで泳いでしまったスイス人がいた!

 

私達アジア系の日本人よりも、アングロサクソン系の方が寒さを感じないとか。

それにしても、まだまだスイスのローヌ川の水は冷たい。

沢山の雪解け水が、きっと流れてきているはずだろう。

 

春になると、男の人の方が開放的になるとか。

日光を浴びて夏まで待てずについ、泳ぎ始めてしまったのだろう。

f:id:batabatamaman:20210224042145j:plain鳥も人もはしゃぐ春の午後

 

BBQする人々も、大勢いたこの川辺。

日本の花見のイメージで、ビールやワインをたくさん持参して、盛り上がっていた。

集まりは国のコロナ規制で5人までだけど、明らかにそれ以上の集団がたくさんいた。

人数制限は、まだ解除になっていないはずなのに…

 

ここヨーロッパでは、コロナ規制解除の春を待つ人々が、春の日光を浴びてコロナを忘れて開放的になり、気が緩んできてるのかも。

 

パリの週末の人出もすごくて、大勢がビールやワイン片手に道端や川辺に集っていた。

スイスでも、レイクサイドや川辺に、ついみんな集まる。

f:id:batabatamaman:20210224042247j:plain駐車場も車でいっぱいだ。

 

昨日、ドイツの学校が再開した。

ドイツでは本当に緩和されてきているようだ。

 

スイスもコロナ件数が減り、徐々にコロナ規制も緩和されていくことを、ただ日光浴しながら願う。

 

日本への脱出

今週のお題は「告白します

f:id:batabatamaman:20210222164116j:plainレストラン・カフェは12月に閉まった

 

ジュネーブの生活、いよいよ息苦しさがピークに。

レストラン・カフェ・バーは4月に、ようやく屋外テラス席なら営業可能になるという。

ということは、まだ1か月以上は開かないのだ。

12月クリスマス前からずっと、ジュネーブでは、ちょっとコーヒーをカフェで飲んでいくことさえもできない。

 

ジュネーブ最大のショッピングモールは、ショップも閉まり、カフェ・レストラン・バーも持ち帰り営業のみ可能だが、開いていない。

人件費や家賃が日本の比較にならないほど高い、スイスの都市ジュネーブでは、飲食店も開けれず閉めたままだ。

日曜日、ここはMacDonaldさえも閉まる。

 

f:id:batabatamaman:20210222164207j:plain寿司バーも

お気に入りのトルコレストランもf:id:batabatamaman:20210222164240j:plain

f:id:batabatamaman:20210222164259j:plain f:id:batabatamaman:20210222164329j:plainセルフサービスレストランも

 

みんな閉まっている。

 

フランスのパリジャン達が、晴れた暖かい週末に、コロナ規制に疲れ切って、もうとめる警察も手の打ちようがないほど、持ち帰りのビールなどを片手に、ただ街で集っていた。

その気持ちが、よく分かる。

 

そんな今、本音を告白すると、

つまらなさすぎる、何も開いていない、コロナ規制スイス生活。

それに比べると、お店もレストランも開いている日本は天国?!

 

もうただ…

日本に脱出したい。

 

 

 

ジュネーブ人気店のクレープが食べたい

★スイスでもフランス語圏のジュネーブは、クレープで有名‼

ジュネーブ市民に愛されているMuller’sfactory!

今は、お持ち帰りのみの営業だけど、このお店のクレープはやっぱり美味しい。

f:id:batabatamaman:20210222035036j:plainマスク着用のおばさんがせっせと手際よく焼く。

 

コロナ対策で、店に入るときには

「消毒ジェルをして」

と言われる。

 

クレープを焼く姿も、パーテーションのガラス張りに見る。

しっかりとしたコロナ対策の上での、営業だ。 

 

f:id:batabatamaman:20210222034739j:plainジュネーブ人気店のクレープはこんな感じ♪

 

 

f:id:batabatamaman:20210222035058j:plainメニュー

 

お値段は、ハムチーズの一番シンプルなごはんクレープで、10.50スイスフランから。

パリジャンに言ったら、なんて法外なクレープの値段と驚かれた。

でも、これはスイスではお手頃なくらいだ。

物価の高い国だから…

f:id:batabatamaman:20210222035757j:plainクレープランチ♥

 

 残念ながらレストランやカフェ店内では、食べれないコロナ規制が厳しいスイス。

4月1日からは、スイスでも外のテラス席ならレストランで食事ができるとか。

まだまだ、1か月以上は辛抱の日々が続く。

 

だからこそ、せめてものお持ち帰りランチで、外食気分を味わう。

f:id:batabatamaman:20210222035815j:plain中身はこんな感じで具沢山。

Yummy!

 

 

不気味なクマで告白

★コロナ規制で店閉鎖前のスイスのショッピングモールにて

盛り上がるスイス人カップルやf:id:batabatamaman:20210221051432j:plain 

f:id:batabatamaman:20210221051530j:plain彼女への贈り物を恥ずかしそうに買う青年も… 

 

スイス郊外のショッピングモールで、コロナ規制で店が閉まる直前、ある青年が彼女に贈るジュエルを、真剣に店員に相談していた姿が、初々しかった。

 

また、恋人同士で、ネスプレッソの

「コーヒーカプセルを何タイプにするのか」

というどうでもいいことも、愛情いっぱいに話すスイス人カップルも、まだ付き合ったばっかり感がただよって、微笑ましかった。

 

★自分に酔うだけの中学生

部活の練習に明け暮れ、本当の恋愛よりも、小説や漫画の世界に憧れて、友達と盛り上がっていた、疎い中学時代の私。

仲良くなった女友達と、それぞれのターゲットの男子を決めて、相手の心などおかまいなしで、ただストーカー?のように見るだけで盛り上がり、ただ恋愛もどきの自己満足に浸っていた。

 

そして、バレンタイン。

そんな友達と、クマ型にチョコを溶かし、アーモンド(アレルギーなど気にもせず)を入れて固めた、形だけ不格好な手作り?!チョコを家まで行って渡すことにした。

どう考えても、不気味なラッピングされたクマのチョコレートを抱えて、友達に押されながら、それぞれのターゲットの家まで行って、手渡しする。

ある意味バレンタイン告白のようだが、そこまで深くは考えず、とりあえず友達と盛り上がって、そんな自分たちに酔っているだけだった。

 

もちろん、あげるだけで満足したので、ホワイトデーなんてすっかり忘れて、ミッキーの部屋着トレーナーで、漫画とポテトチップスを食べ、だらけきっていた私。

その夕方に、突然そのターゲットの彼が、「お返し」たるものを届けに、その親友と我が家にやってきた。

まさか私の家を知っているとは、夢にも思わなかったし、驚いた。

不意の訪問で、ボサボサ髪にミッキーマウスが悔やまれる残念な姿で受け取った。

そのまま恥ずかしさが絶頂に達したので、友人宅へ行き、また盛り上がった。

 

自己満足だけで、告白との意識もなく、友人達とのノリだけだったのに…

今思うと、チョコ告白あのクマは、もらっても迷惑なだけだったと思う。

「あんな不気味なクマチョコで、ごめんなさい」

と、今なら言いたい。

そして、

「それなのにお返しまでくれて、どうもありがとう。」

とも。

 

 

 

今週のお題「告白します」


ティーキャンドルと板チョコがあれば、気楽に優雅な マシュマロやイチゴ、バナナでチョコレートフォンデュ!